実は身近なところにも!リバブレーションチャンバーとは?

リバブレーションチャンバーとは?

リバブレーションチャンバー という言葉を聞いたことがありますか?リバブレーションチャンバー(Reverberation Chamber)とは日本語で反射反響室とか反射箱と訳すことのできる、高いレベルの電磁波発生させたりして無線の実反響などの性能を、開発中に評価や試験をする装置です。生活を送っている上ではほとんど聞く機会のない言葉ですよね。でもこのリバブレーションチャンバーは私たちの身近にあるものを製造するときにも使われているものなんです。

リバブレーションチャンバーは何に使われているか?

リバブレーションチャンバーは、身近な例で言えば無線を使ってデータをやり取りしている製品の性能試験に使われています。例えば、スマートフォンや携帯電話(フィーチャーフォン)などがそれに当たります。スマートフォンや携帯電話は電波のある・ない、または強い・弱いがかなり使い勝手に関わってくるかと思いますが、その性能を製造段階でテストするのがリバブレーションチャンバーの役割なのです。どんな地域にいてもストレスなく使用できるスマートフォンや携帯電話があるのは、このリバブレーションチャンバーのおかげなのです。

より身近になっていくリバブレーションチャンバー

以前は、このような電磁波や実反響の試験をするためのリバブレーションチャンバー装置は、かなり大型・大規模で導入に費用が掛かるものでした。しかし現在では小型化や導入をするためのコストが下がっていることもあり、小さな会社でも製品の性能をリバブレーションチャンバーで確認することが可能になりました。このリバブレーションチャンバーのような高性能な試験機器がより身近になることによって、私たちはより優れた製品を手に取ることができるようになっているんですね。日々技術が進化していることを実感せずにはいられないですよね。

リバブレーションチャンバーとは反射反響室のことで長い反響時間を持ち、高いレベルの電磁界を発生できるように設計されています。