ここまで変わった腰痛対策 ~昔の常識は今の非常識~

腰痛が発生!!あなたはどうしますか?

腰に痛みを感じたら横になって安静にする、というのがこれまでの常識でしたが、最近では全く逆のことが奨励されているって知っていますか?具体的には、腰が痛いときは動いていたほうがいいのだそうです。「えー、ホント?」「怪しいなー」と感じる方もいらっしゃると思いますが、実際に「腰痛診療ガイドライン」として公に発表されています。この他にも、腰痛に関する考え方や対処の仕方は、一昔前と比べてガラッと変わってきましたのでご紹介しましょう。

腰痛の大半が原因不明!

実際に痛みを感じているのに、そのほとんどが原因不明だという調査結果が出ているそうです。その割合は、なんと「85%!」。腰痛患者の85%は原因不明なのです。え、でも腰痛といったら「ヘルニア」じゃないの?」って思う方もいらっしゃいますよね。ところが驚くことに、ヘルニアがあっても痛みを感じず日常生活を送っている人が多数いる、といことも判明したのです。これでは、ヘルニアが腰痛の最大の原因とはいえませんよね。

では一体、何が腰痛を生み出しているのか?

なぜ腰痛の大半が原因不明なのでしょうか。その答えは「心理的ストレス」。どうやら心理的要因が、腰痛と大きな関わりがあるようなのです。腰の痛みに対する不安といった心理的要因が、痛みを増加させたり、症状の緩和を遅らせてしまうとのこと。身体的な要因ではないのですから、原因が特定できないのもうなずけます。ただし、すべてが心理的ストレスが原因と片づけてしまうのには注意が必用です。腰痛患者を調べたら重大な疾患が発見された、ということもありますので、自分で判断せずに病院へ行ってちゃんと検査してもらうことが大切ですね。

腰痛の名古屋の店舗をスムーズに選ぶために、顧客からの支持の厚い店舗で施術を受けることがおすすめです。