経済の2次災害を起こさないためにも重要視されるBCP対策

福島の時に起きた経済的2次災害の影響

2011年3月に起きた福島県沖の大震災によって福島と宮城そして岩手は多大な損害を被ったのですが、ただ自然災害に対する被害よりも現地の人々を苦しめたのが働くという生きがいを失ったことですよ。被災したことによってこれまで働いていた建物や設備が無くなると、これまで出来ていた当たり前の日常生活が送れなくなり被災した人たちに大きな負担になってしまいます。被災した土地の者が生産できなくなると、当然ながら利益を生み出すことが出来ないので被災地が困窮する経済的2次災害を引き起こすことになります。

経済的2次災害を未然に防ぐBCP対策とは

経済的2次災害を起こすと災害で心を痛めている被災者にさらに追い打ちをかけてしまうことになるので、それを未然に防ぐために各自治体だけでなくその場所に住む個人すべてがあらかじめ準備しておくことが大事です。その準備として重要視され始めているのがBCP対策と呼ばれる物ですよ。BCP対策とはビジネスコンティニュープランの略で、日本名に直すと事業継続計画という言葉になります。BCP対策は企業が自身の経営悪化で損害を被るのではなく、災害やテロなどで事業継続が困難な状況になってもあらかじめ準備しておくことで負担を軽減させることです。

具体的にBCP対策とはどんなことをするのか

被災した土地の経済を出来る限り早く元に戻すためには、個人の生活基盤の土台をいち早く元に戻すことが大事になります。そのためには被災することをあらかじめ念頭において、その時に必要な物をあらかじめ用意しておくことが大事です。例えば被災地の避難経路の確保だけでなく、灯油やガソリンそして木材などの燃料の確保そして水と緊急時の食糧と毛布を用意しておきます。そのうえで仮設住宅が出来る土台まで耐えたら、次に生鮮食品などの企業の復興から初めて最終的にはすべての企業の復興につなげるのです。

BCP対策とは、企業が災害や想定外の事故が起きたとき、最小限の事業を継続したり、早期の復旧を計画するなどのリスク管理の方法です。