EMC試験というのはいくつもありますから!

電波の方向性を知ることが大事

EMC試験というのは、要するに電磁はの測定をする試験になります。この試験というのが極めて難しいことでしょう。電磁波というのは目に見えないわけですから、測定するために高い技術と高価な機械が必要となるでしょう。重要であるとされているのがデータの再現性であり、様々なパターンの状況を再現できることがEMC試験においては肝心になるわけです。適合評価に必要な試験としてあるのが、EMI測定とEMS試験と呼ばれている行為になります。

どんな試験をしているのか

EMI測定とEMS試験というのがあり、これを合わせてEMC試験というのです。電磁波が発生することによって、他の電子機器に誤作動を促してしまうことを測定します。どの程度の影響力があるのか、ということを調べることになります。更に言えば電気製品の製品化のときなどに行う試験であるわけですが、特に行われていくのが海外展開の際に国外の基準をクリアすることができるのかどうかのチェックです。これらの試験がとても大事になっています。

どうしてもしないといけないのか

こうした試験はどうしてもしないといけないか、という疑問があることでしょう。これは必須です。そもそも人体に影響があることもあるのですから、出来るだけしっかりとしたデータが必要になります。まして、他の機械と一緒に稼動させるような物の場合はどうしても影響力が必須のデータになりますから、調査をしないことには困る、となるでしょう。自社でそうしたことができることもありますし、試験ができる他社に委託することもあるのです。

EMC試験とは電磁両立性の試験のことです。電磁波などの妨害波による耐性をはかったり、自ら発する妨害波の大きさをはかったり等の試験を行います。