細かい部分に差が!?外壁塗装作業の良し悪し

丁寧な下準備が寿命にも関わる!重要な下地の処理

外壁塗装は、外観は同じように見えても質に良し悪しがあります。丁寧な施工の外壁塗装は、下地作りに力を入れています。塗装にとって下地は、重要な要素です。外壁塗装では、まず外壁に付着した汚れを除去する必要があります。また劣化した塗装を取り除くことも重要です。この下地作りがきちんとできていないと、新しい塗装が剥がれたり色がくすむなどの問題が生じます。きちんと下地処理を行っている塗装業者は、外壁塗装のクオリティが高いです。

職人の腕で左右される!外壁塗装のクオリティ

外壁の塗装は、職人の腕が仕上がりに影響します。熟練の職人が行った外壁塗装は、ムラなく綺麗に仕上がっています。一方でまだ外壁塗装の経験が浅い新人が作業すると、どうしても仕事の粗さが見えてきます。遠くから見ただけでは、職人による外壁塗装の良し悪しは分かり難いです。しかし、毎日住宅の壁と向き合っていると、外壁塗装の質の差があるのが分かります。せっかくなら、腕のいい業者に外壁塗装行った貰った方がいいでしょう。

養生の作業が影響!細部の丁寧な仕上がり具合

建物の外壁塗装で重要であるのが養生です。塗装作業を始める前に、塗装面以外の部分に塗料が付着しないよう、あらかじめ養生テープなどで保護を行います。この養生の作業を丁寧に行っているかが、外壁塗装の良し悪しに関係しています。作業が終わった後の仕上がりを見てみると、きちんと養生を行った塗装工事では、細部まで仕上がりが綺麗です。しかしきちんと養生が行われていなければ、隠れた部分の塗装作業の雑さが目に付きます。

外壁塗装の相場は主に使用する塗料の価格に影響される傾向があります。有機溶剤の価格の変動に伴い、塗装作業の費用も変わるため外壁塗装を依頼する際は相場の確認が不可欠です。